マスター・プラクティショナー・トレーニング

参加条件

トレーニング時間が最低限130時間を満たした、ICNLPによって認定されたプラクティショナーであること。

知識

すべてのプラクティショナー・レベルの知識
メタプログラム
  • -プロアクティブ(順向の)―リアクティブ(反応する)
  • -向かって―離れて
  • -内的―外的
  • -選択手順
  • -マッチ―ミスマッチ
  • -具体的―一般的
  • -納得させる人のチャンネルと納得させる人のモード
価値観
  • -基準等価物
口先のうまさパターン
前提に基づく上級言語パターン
すべてのプラクティショナー・レベルの知識
 
TOTE
戦略
交渉と調停
パートの統合
モデリング
リインプリンティング(再刷り込み)
信念
ニュー・コード(新しい記号)
個人の編集
無意識の合図
参加者はまた、知識の統合として、筆記テストを完了する必要があります。

スキル

  • 言語や行動を通してメタプログラムを見分け、適切に使う。
  • 全てのプラクティショナー・レベルのスキルを単一または組み合わせで、ある程度の優雅さを持ってする。
  • 価値観を引き出し、基準等価物を見分ける。
  • 適切なメタ・モデル・チャレンジをする。
  • 戦略を使う:
    • -デザイン
    • -利用
    • -インストレーション
    • -誘引
  • 口先のうまさのパターンを使う。
  • 前提的言語パターンを使う。
  • 従属要素を使う:
    • -会話で引き出す
    • -対照分析を使って体験の構造を変える
    • -従属要素のアクセシング・キューを見つけ、使う
  • 言語と非言語のレベルで多数のレベルのコミュニケーションを意識と無意識に向かって使う。
  • 無意識の合図を引き出す。
  • 制限のある信念を見つけ、変える。
  • 再刷り込みのパターンを実行する。
  • 個人のモデリング・プロジェクトを実行し、モデルしたスキルを行動でデモンストレーションする。
  • 個人的介入をデザインする。
  • ニュー・コード介入を実行し、個人的な編集をデザインする。
示す必要がある最も大切なマスター・プラクティショナー・スキルは:
個人の介入をデザインする。
NLP言語パターンでの話しのうまさと優雅さ。
エコロジー的な介入を実行する。
NLPのワークの中でフォームと内容の明確な区別をする。
アンカリング、知覚の位置と生理機能的介入の際に自身のリソースのある状態を維持する。
いくつかのことを同時に追跡する能力。

各参加者はまたトレーナーに評価される、個人のモデリング・プロジェクトを提示する。

アクション

  • 参加者は以下のことをする必要があります:
  • -NLPの前提を彼らの行動で示す
  • -一致して行動する
  • -好奇心を維持し、学ぶことにオープンである
  • -リソースのある状態を維持する

申し込み受付中のセミナー

ページトップへ