プラクティショナー・トレーニング

知識

以下の特徴を知る:
NLPの前提
現在の状態と望ましい状態モデル
結果のための適格な基準
ラポール
キャリブレーション
代表システム
述語
アクセシング・キュー
エコロジー
ニューロロジカル・レベル
知覚の位置
連合と分離
アンカー
ブレーク・ステート
従属要素
以下の特徴を知る:
タイムライン
戦略
メタ・モデル
ミルトン・モデル
トランス
意識と無意識
チャンキング
リフレーミング
フレーミング:
  • -対照
  • -関連性
  • -バックトラック
  • -結果
  • -アズ・イフ
参加者はまた、知識の統合として、筆記テストを完了する必要があります。

スキル

次のパターンをうまく実行する能力:
適切な時にメタ・モデル・パターンをチャレンジする。
トランスを引き出すためにミルトン・モデルを使う。
メタファーを使う。
バックトラックする。
状況によってチャンク・アップしたりチャンク・ダウンすることを考える柔軟性。
6段階リフレームを実行する。
内容と状況のリフレーミング・パターンを両方使える。
従属要素を引き出す。
ラポールを築き、維持する。
アクセシング・キューを見分け、使う。
アンカーを使ってワークする:
  • -代表システム全てで、アンカーを見分け設定する。
  • -つぶす。
  • -リソースのアンカーを設定する。
感情状態を正確にキャリブレートする。
あなたが実行する介入を未来ペースする。
ペーシングとリーディング(言語と非言語)。
自己と他者を正確にキャリブレートするために感覚の鋭敏性を使う。
新しい行動ジェネレーターを使う。
恐れや恐怖症に視覚/触運動覚の分離パターンを使う。
トランスを引き出す。
スウィッシ・パターンを実行する。
最も大切なプラクティショナーのスキルは:
ラポールを築き、維持すること。
アウトカム・オリエンテーションを使って、あなた自身の行動と全ての外的課題を管理する。
あなた自身の情緒的状態を管理できる。
NLPの前提を使ってあなたの行動をガイドする。

行動

アクションはNLPをあなたの行動で示し、NLPの前提のモデルになることを意味します。
NLPを行動で示すには、参加者は次のことをする必要があります:
行動でNLPの前提を示す
他の人の世界のモデルを尊重する
あなた自身と他者の状態の感覚の鋭敏性に基づいて行動の柔軟性を示す。

申し込み受付中のセミナー

ページトップへ