トレーナー・トレーニング

参加資格

  • 参加者はICNLPの認定マスター・プラクテイショナーの資格をもつこと。
  • 彼らのマスター・プラクティショナー・トレーニングは最低限度のICNLPの時間の必要条件を満たす。
  • 参加者は少なくとも一人のICNLPマスター・トレーナーに評価される。
  • 参加者はNLPの知識の筆記テストを合格する。
  • 参加者のプロジェクトがマスター・トレーナーによって価値があり、役に立つと評価される。

知識

  • マスター・プラクティショナーを含め、それまでの全ての知識
  • NLPの知的な歴史とその部分を形作る様々な分野の理解
  • 受験者は以下の一般的な知識が必要:
    • パルアルトセラピー学派
    • 交流分析
    • エリクソンの催眠療法
    • 行動療法
    • 認知主義
    • 家族療法
    • システム思考(Senge, Checkland, Churchman)

スキル

  • すべてのプラクティショナー、およびマスター・プラクティショナーのスキル。
  • およびトレーニング状況の中でそれらを明白にあるいは密かに使用する能力。
  • 内容とプロセスの間を移動し、その違いをマークする柔軟性。
  • 戦略をインストールしリソース状態を呼び起こすためにネステッド・ループを使う能力
  • どのパターンも、それを言葉で教えるだけでなく同時に行動的にもデモンストレーションする能力
  • エクササイズ・デザイン
    • -明確な結果と隠れた結果
  • トレーニング・デザイン
    • -フレーム
    • -アウトカム
    • -チャンキング
    • -情報を与えるのと発見することのバランス
    • -フューチャー・ペース
  • タスキング
  • グループにおける介入、ラポールの維持、感覚に特定なフィードバック
  • 適切なデモンストレーションを行う能力
  • 4MAT
  • 空間アンカリングを使う能力
  • メタファーの効果的な使用
  • 参加者の質問に尊敬を示し、役立つ方法で対応し、質問のレベルと意図を識別する能力。
  • 「質問の背後にある質問」に答える。
  • アシスタント達を管理し、活用する能力

アクション

  • 参加者はグループに対して少なくとも20分のプレゼンテーションを行い、フィードバックを得る。
  • マスター・トレーナーがこれらのプレゼンテーションを評価する。
  • トレーニングをデザインする能力をマスター・トレーナーが評価する
  • NLPの前提を行動で示す
  • NLPの領域での個人のプロジェクトを発表する
  • トレーニングを通してリソースのある状態を維持する

申し込み受付中のセミナー

ページトップへ